腸内環境を整えておこう

大腸内視鏡検査

乳酸菌で大腸を活性化します。

トップへ腸内環境を良好に

食物繊維や乳酸菌の働きで大腸内部を活性化

食物繊維でお通じをいつも快調に

腸内環境を良好に保つには、食物繊維の多く含む食べ物を とるようにすると良いということは、誰でもご存知です。 腸内環境は、善玉菌、悪玉菌 、日和見菌の割合を なるべく善玉菌を増やすことができる様に心がけてください。 また、食物繊維は水に溶けやすい、水溶性食物繊維を 多く含むものがおすすめです。 水溶性の食物繊維を多く含む食べ物 食物繊維は1日の摂取目安は男性で25g、女性は20gですが、 すべてを食べ物から摂るのはとても、難しいことなんです。

乳酸菌の効果を有効活用

腸内環境を整えておくことは癌予防の為にとても役立ちます。 毎日の食生活にヨーグルトを摂取することは大変効果的です。 ヨーグルト
  1. 乳酸菌の効能として悪玉菌を破壊して、腸内環境を整えて腸をを守ります。 ウエルッシュ菌(腐敗菌)をやっつけてくれる。
  2. 便秘を改善したり、下痢の予防して便通を良くするはたらきがある。 すなわち、腸の蠕動運動を活発にします
  3. 乳酸菌は生きたままで腸内に到達することが重要なポイントですが、 細胞壁の一番厚くて丈夫なものはプロテクト乳酸菌(SーPT84株)です。
  4. 普段、異常な細胞(ガン細胞)が誰でも1日1000個程発生している らしいが、乳酸菌を取り入れているおかげで癌細胞は破壊される。


普段からお腹をお掃除 モロヘイヤの効果


原産国はエジプトで「クレオパトラ」も愛用していたとされるモロヘイヤ
その効果は モロヘイヤ
  1. 排便を無理なく、」規則正しくスムーズにします。
  2. 大腸に大便が留まる時間を短くして大腸がんを防ぎます。
  3. 糖分を固めて排出しますので血糖値をコントロールしてくれます。
  4. 脂肪を燃やし、二次胆汁酸の低減化