大腸内視鏡検査 食事

内視鏡検査

大腸内部には残りカスの出ない食事を

トップへ大腸内視鏡検査前の食事について

<大腸内視鏡検査前の食事にご注意を>


<消化の良いうどんやお粥がお勧めです>

うどん 大腸内視鏡検査を正確に進めるためにはまず大腸内部をきれいに しておくことが重要なポイントです。数日前からは 大腸内部に食べ物の残りカスが残らないような消化の良い食事を 食べるようにして、大腸内視鏡検査の前日には特に下剤が効いて お腹の中がきれいに空になるような食事を心がけてください。せっかく病院に行き 検査するのなら医師が見落とししないような状態で受診できるように したいものです。

内視鏡検査前は消化の良い献立にしましょう。(望ましい食品と消化が悪い食品)

  1. 主食は お粥・柔らかいごはん うどん・冷や麦・そうめん 食パン・ロールパン じゃがいも・里芋・やまいもあと豆腐も消化がいいので お勧めです。
  2. 野菜は繊維質の少ないもので、じゃがいも・里芋・やまいも 大根・かぶ・トマト・なす・キャベツ・白菜・ほうれん草・ブロッコリー 人参かぼちゃ・玉ねぎ・お麩です。 葉先の部分が望ましいです。イモ類は皮むきをして良く煮込んで 柔らかくしてください。反対に牛蒡やレンコン、タケノコや オクラ、そしてきのこ類は消化が悪いので摂らないように しましょう。
  3. 果物はりんご、バナナ、メロン、などで 特にキウイやイチゴなど細かい種をお口には入れないように注意してください。 (どうしても大腸内部に留まりやすいので)
  4. 油分はバター、マヨネーズなどはなるべく避けてお肉や揚げ物は 止めておいた方が良いです。
  5. 間食はカステラ、ゼリー、ヨーグルトや牛乳などで、ジュースは タネの含まれていないものにしてください。 ドーナッツやスナック菓子も消化が悪いので避けてください

大腸内視鏡検査の前々日からの参考メニュー

繊維の多いゴボウやきのこや硬い食品、油の多い食品は消化に時間がかかるため避けましょう 消化の悪い、ゴマや海苔、するめいかなどは避けましょう。 野菜は煮る・蒸す・茹でるなどの調理法で少量にします
  1. 検査前々日
    朝食、柔らかいご飯とみそ汁、大根の煮物
    昼食、食パン  ゆで玉子  バナナとヨーグルト
    おやつはカステラとホット牛乳
    夕食、かけうどん、玉子豆腐
  2. 検査前日
    7:00 朝食、素パスタとゆで卵
    12:00 昼食、温かいうどん又はおかゆ、バナナ
    15:00 おやつ、カステラ一切れとヨーグルト
    18:30 夕食、お豆腐のクリームシチュー、プリン
     以降絶食。水は適宜飲む。