大腸内視鏡検査 炭酸ガス送気装置

内視鏡検査

大腸内視鏡検査を受けるときの様子を書きました

トップへ炭酸ガス送気装置

大腸内視鏡の検査には炭酸ガス送気装置を使用


大腸内視鏡の検査時は炭酸ガスで大腸を膨らませる

今までの大腸内視鏡検査は空気を送り込みながら大腸を押し広げて大腸の検査を行ってきました。 検査の終了後にお腹が膨らんでしまい、しばらく違和感があったと思います。 空気が身体から抜けて行くのにもしばらく時間がかかるようになりました。

大腸にやさしい炭酸ガスで膨らませる

ビールやジュースにも多く使われている炭酸ガスは体に吸収されやすく体内にいつまでも 留まることが無いので、検査後の腹部の張りや痛みを残さないので患者さんにも 負担を強いることなく安全に大腸内視鏡検査を行うことができます。