大腸内視鏡検査の経口腸管洗浄剤とは

内視鏡検査

大腸内視鏡検査の事前準備から検査完了までについて。

トップへ経口腸管洗浄剤について

大腸内視鏡検査に使われる経口腸管洗浄剤について

液体で飲みやすい経口腸管洗浄剤はマグコロールだ!

ニフレック 経口腸管洗浄剤は文字通り大腸の中をきれいに空っぽにするための所謂「下剤」です。 主成分はクエン酸マグネシウムでいろいろな各社の品名があります。 マグコロール、ニフレック、ムーベン、オーペグ、スクリット、ニフプラス等の商品名で扱われています。 マグコロールはスポーツドリンクに似た味であり、比較的飲みやすいがニフレックとムーベンはまずくて 飲みにくいのです。私も病院でこれを飲まされましたがストレートではとても飲めませんでした。 お茶やスポーツドリンクなどでのばして飲むといいよと言われるが途中で吐いてしまう女性もいました。 通常2Lを飲むのですが、その数回に分けて自分のペースで2時間かけて飲むのですが これが結構つらかったです。

  1. マグコロールは堀井薬品工業株式会社
  2. ニフレックは味の素株式会社
  3.  
  4. ムーベンは日本製薬株式会社
      

錠剤で飲みやすい経口腸管洗浄剤はビジクリアだ!

ビジクリア 2リットルの液体(下剤)を飲むのに気持ちが悪くて飲めないとか、吐いてしまうとかの理由で 液体の下剤がダメな患者さんにはにはビジクリア(ゼリア新薬)がお勧めです。 15分で5錠200ccのお水やお茶で飲み、計10回で50錠飲めば良いのです。所要時間は2時間半です。 この方がまずい1.8リットルの液体の下剤を飲むよりは楽かもしれないです。 でも水やお茶を飲む水分量は変わりませんね。 錠剤だからまずい思いをしなくても良いということです。