0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000 大腸ポリープについて(癌になるかどうかの境目は?)

大腸ポリープの種類

内視鏡検査

大腸ポリープは元々腺腫が膨らんだものです。

トップへ大腸ポリープについて

大腸ポリープが癌になるかどうか

「腫瘍」(腺腫)が全て大腸がんにはならない


ポリープ 会社の検診や人間ドッグで大腸を内視鏡で調べてもらい、大腸ポリープがあると医師に言われると、 つい私たちは癌にならないのか心配するお方は少なくないと思います。
ポリープは大きく「腫瘍」と「それ以外のポリープ」に分類されます。
腫瘍でも悪性なものは大腸がんに、なりますが、良性な腺腫は一般にポリープと呼ばれます。
腺腫でも良性と悪性かを常に見極めていくことが重要です。
一般にポリープが1センチ以上になると危険信号だと言われております。
そして癌の遺伝子とがんを抑える働きの抑制遺伝子のバランスが乱れて遺伝子が何らかの損傷を
受けてしまうとポリープ(腺腫)が大腸がんへと進行していくのです。
いずれにしても、腺腫が見つかったら、注意深く診察を継続していかなくてがなりません。

「それ以外のポリープ)の種類について

過形成ポリープ ポリープ(腺腫)は腫瘍と言われるものと、炎症性ポリープと過形成ポリープに分けられます。
炎症性のポリープは大腸の病気の中でも潰瘍性大腸炎や消化器の難病(クーロン病)などの
腸の炎症性の病気や感染症など、腸に強い炎症を引き起こす病気が原因で現れます。
過形成性ポリープは加齢とともにほとんどの人間にみられるもので、所謂、老化現象とも考えても良いです。
正常な細胞がイボ状になっただけなので癌にはなりませんし放置しても大丈夫です。