大腸内視鏡検査下剤 モビプレップ

内視鏡検査

飲みやすい下剤 モビプレップ

トップへ大腸内視鏡検査 飲みやすい下剤について

<大腸内視鏡検査前の下剤が新しくなりました>


<従来より飲みやすい、モビプレップ>

モビプレップ
飲み方 今までの下剤と(ニフレックなど)の基本的には飲み方は同じですが、味も飲みやすく、 飲む量も半分で済むので検査を受ける方にはありがたいと思います。 2リットルの水に溶かし、180mlを10分から15分かけて飲み、 1リットル飲んだら500mlのお茶か水を飲み、その時点で排便がカスが出なくなり綺麗になってたら大腸内視鏡検査の前処置は終了です。 まだ便にカスが出るようなら余った1リットルを飲みます。 今までの経口腸管洗浄剤が濃縮されているので、飲む量が半分で済み、ビタミンC も含まれています。

モビプレップ(味の素製薬株式会社)の服用時の注意点

  1. 服用速度は、溶解液(約180mL)をコップに移し、1時間にコップ6杯(約1L)をめどとしてください。 飲み始めのコップ2〜3杯目までは特にゆっくり服用し、次のような症状がないか注意してください
  2. 飲んでいる時に腹痛、吐き気、嘔吐、顔が青ざめる、めまいなどがあらわれた場合には すぐに看護師などに申し出て指示を受けるようにしてください。
  3. 飲んだ時の感想 味はさっぱり梅味です。ニフレックより個人的には飲みやすくゴクゴクと飲めました。 今までの、半分の1リットルで腸管が綺麗になるので、ニフレックより確実に楽です。 飲んだ直後は1時間位下剤の効果が聞いているので排便があるので注意が必要です。 使い捨てのパンツを穿いていた方が安心かもしれません。
  4. モビプレップの効果は、この後飲む 「水、お茶などが多いほど効き目が高い!」と病院の看護婦さんから 聞きました。