大腸内視鏡検査 前処置 経口腸管洗浄剤(ニフレック)を飲むのが大変でした。

内視鏡検査

大腸内視鏡検査を受ける前には下剤で全部出します。

トップへ大腸内視鏡検査 前処置(下剤を飲むつらさ)

大腸内視鏡検査の前処置で下剤で大腸をカラッポにする

大腸内視鏡検査前の食事について

   看護婦さんから言われたことは
  1. 検査前の食事には要注意で、硬いものはやめて、なるべく消化の良いおかゆ、うどんなどを食べること。
  2. 食事はなるべく消化の悪いもの、食物繊維はやめていただく。
  3. ごま、や海苔など細かくて大腸内部の「ヒダ」にたくさんくっついて 下剤が効きにくくなる。

前日の夜には事前にラキソベロン液(下剤)を飲む

医師に予約を入れて9時に病院に来るようにとのことでした。下剤 「前の日は夜は21時以降は何も食べてはいけません」 ということでしたので早めに夕食は済ませておきました。そして寝る前にはラキソベロン液という下剤を飲むように10mlの液を200ml の水で薄めて飲んでおくようにということでした。下剤なので寝る前にまずいのを辛抱して飲み干して寝ました。そうそうあと病院の説明で 当日の2~3日前から消化の良いものを食べるようにという注意書きもありました。あとは水分を多く取るようにとも書いてありました。

大腸内視鏡検査 前処置では下剤を飲むのがしんどい

大腸内視鏡検査当日の朝はお腹が空いて目が覚めました。 寝る前にラキソベロン液を飲んだせいか朝からお通じがありました。 食事は今日は朝昼とも抜きです。予定の時刻が来て病院に行くとすぐに 消化器内科に行き予約票を出すと内視鏡検査室に案内されました。 ニフレック 何人かご婦人の方もいましたが男は私一人でした。すぐに呼ばれて部屋に行くと 大きな液体が待っていました。そうして看護婦さんが「この下剤(2リットル)を2時間で飲んでください。」ということでした。 「エーッ 2リットルも飲むのかー」と思いましたが看護婦さんはやさしく「ゆっくり飲めばいいんですよ。今9時10分だから30分でココまでね あとは目盛りに時間を書いておきますからだいたい30分で500mlね 売店でお茶か水を買ってくると飲みやすいですよ」ということでした。
一緒に飲んでた婦人はあわてて飲んでとうとうトイレで吐いてしまいました。1リットルくらい辛抱して飲んでいたら急に催してきて前のトイレに 駆け込みました。最初は汚い便が出てスッキリしました。後5回は出さないと検査が出来る状態ではありません。正式な下剤の名前は「内視鏡 経口腸管洗浄剤 ニフレック Niflec」と書いてありました。


2リットルの下剤ニフレックを必死で飲み、ようやく検査準備完了

ニフレック2リットルを2時間で飲んでくださいと看護婦さんに言われるのですが、 だんだん半分を過ぎると下剤が濃く感じて、まずくて水で伸ばさないと飲めません。
時々歩いてみたり腰を回してみたらどうかとやってみたりしているうちに次の排便がきて今度はかなり水っぽいのが出ました。お腹がクーと なる音がして苦しい思いをしました。半分を過ぎるとだんだん飲みにくくなりますね。でも辛抱して飲みました。 10分位するとまた次の排便がきて 3回目はほとんど水状態で水道みたいに「ジャージャー」とお尻からおしっこが大量に出るといいますかすごい勢いでした。 4度目になるともう色が黄色でも かなり薄くなりました。お尻の穴が痛くなりました。「まだ出るのかーー苦しいなーもう」とついに2リットル飲み干しました。 5回6回7回ともう 5分間隔でシャーシャー出て看護婦さんが来て「便を見せてください」トイレに入ってきて「これならいいわ」と いい検査できるようになりました。 これでいよいよこれから検査です。もう12時過ぎていました。疲れるなーもう!という感じでした。 なんども便意を感じて急いでトイレに行くのでズボンはウエストがゴム製ですぐに脱げるものがお勧めです。
下記の写真は病院で検査のときにもらったものです。


便の色が変わるまで
便の色がきれいに変わるまで
Dの状態にならないと検査が受けれません。