腸内の環境を良くするための報告

内視鏡検査

大腸の悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やそう。

トップへ腸内環境を整えよう

大腸内部の環境を良くするのが大事

毎日の食生活を見直すことが大腸がんの予防になる。

現代人のストレスと食生活はお腹の調子を良くしたり悪くする重要なカギに なります。 便秘気味な人や下痢が続く人は腸内環境を改善するのに便秘薬や整腸薬をいつも 愛用しているお方も多い事でしょう。 食物繊維を多く含む食べ物を積極的に摂取するのも良い方法です。 また精神的に落ち着いた状態で生き生きとした毎日を送れることこそが 体調をベストコンディションに保つ必須要素なのですね。腸内細菌学会で 発表された最新情報によると今C-3102株(枯草菌)の情報を次に報告させていただきます。

C-3102株(枯草菌)の特徴と効果

C-3102株 C-3102株は枯草菌という納豆菌同種の菌で日本人には昔から味噌や醤油作りには 欠かせないものです。安心できるものです。 強い殻に包まれていて胃酸にも溶けないので、大腸の中へ99%確実に届くのがお勧めできる 特徴ですね。大腸内部で殻が消えて善玉菌を増殖させます。 また乳酸菌はいくら体に良いと言えども個人的に体の中に吸収できなくて排泄されてしまう人も 多いといいます。しかしC-3102株は誰でもその人自身がもっている善玉菌などを増やしてくれる 働きがあるといいます。
C-3102株の機能を詳しく見てみる