大腸内視鏡検査の体験報告

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査の事前準備から終了までについて

トップへはじめに

大腸内視鏡検査を受けたきっかけと体験談について

初めての大腸内視鏡検査について

ある日、大腸の炎症から私は、消化器内科の医師から「一応様子を見ておこう」ということになり、 45歳になって生まれてはじめて大腸内視鏡検査を受けることになりました。
このサイトは管理人自らの体験を元に 実際に大腸内視鏡検査を受けたときの記録を詳しく書きとめたものです。
実際に病院の消化器内科ででもらった「検査説明書ならびに検査承諾書」も付いていますので これから大腸内視鏡検査を受けるお方の為に検査内容を事前に知っておいておくのに、きっと お役に立てていただけるものと思いまして作らせていただきました。
腹痛 お腹の調子があまり良くないときに病院で 大腸の中をこれから内視鏡で調べられるということは誰でも不安が あるのではないかと思います。痛くないだろうか?時間はどれくらいかかるのだろうか?
また、費用はいくらくらいかかるんだろうか? などいろいろな疑問があるはずです。
この体験レポートを見ていただけば、これから病院で検査を受ける方への 参考にしていただければと思い、紹介させていただきます。


夜中の腹痛から大腸内視鏡検査をすることに・・・

ある日私は夜中にお腹が痛くなりましていつもの調子と違う症状でした。
医師と看護婦 最初は夜中に腹が痛くてしばらくトイレに入って出てこれませんでした。便が出るわけでもなく痛くて辛かった だけでした。微熱もありました。ある日、消化器内科を受診しまして、血液検査をしたら、白血球が11000くらい あったのです。 そのときは排便をしやすくするお薬と感染症を防ぐお薬をもらいまして、しばらく様子を見ることになりました。 しばらくすると腹痛が落ち着きましたのでまた予約した日に消化器内科を受診しました。 病院に行くと、また血液検査をしました。白血球が4000くらいに落ち着いていたので医師から 「大腸の炎症だね」と言われてお薬をいただきました。 「まあ、これなら大丈夫でしょうが、一応、検査をしておきましょう。」といわれたのがきっかけでした。 そのときの大腸内視鏡検査について私の体験したことをレポートさせていただきたいと思います。

>>家で気軽にできる大腸がん 検診キットはこちら<<

大腸内視鏡検査の順序

大腸内視鏡検査を受ける前の心得

内視鏡カメラ 大腸内視鏡検査は15分〜30分ほどで済むので安心して気軽に考えてOKです。
ただし、大腸内部に病変があるときは1時間くらいかかります。

数日前からはなるべく検査に支障をきたさないように消化の良いものを 食べるように心がけましょう。前日は消化の良いお粥やうどんなど柔らかいものがお勧めです。

マヨネーズやマーガリン、植物油など、脂っこいものは避けた方が良いでしょう。
それと細かいゴマやイチゴの種、果物の種などは大腸内視鏡で調べるときの邪魔になります。 なぜなら、大腸内視鏡検査は大腸の中身をくまなく見るため 腸のヒダの部分に細かなものが付いていると検査の妨げになるからです。

下は病院でもらった内視鏡検査の説明書です。

説明書
あとは承諾書に氏名を記入して検査に向かうことになります。

検査前日の夜からの準備

ラキソベロン液 検査前日は夕食は消化の良いものを食べたほうが良いです。 夜は21時以降は絶食です。ここは本当に辛いですが要辛抱です。 いつも夜食やお酒など召し上がるお方にはとても辛い事です。 とにかくお腹を空っぽにすることが目標です。 大便は下剤で排出されますが万一、残った便の陰に癌が潜んでいて内視鏡で 医師に見てもらっても、もしも見逃されては大変です。異常なしと診断されて次の検査まで 放置されたら知らぬ間にどんどん癌が進行してしまいます。用心に越したことはないはずです。 そして、前日は寝る前に下剤(ラキソベロン液)を飲みます。 くれぐれもお夜食は控えてくださいね。 お酒や、たばこも前日からは避けておいた方が良いです。

矢印
 

大腸内視鏡検査の当日の朝

空腹 大腸内視鏡検査の前日は21時から飲み物以外はダメですのでかなり私はお腹が空いていました。  当日の朝は目が覚めても飲食禁止なのがちょっと辛かったです。
お茶くらいは良いですが、「腹減ったなーもう」と思わずため息が出てしまいました。
今日だけ我慢、我慢で 予約時間に間に合うように病院へ行きます。
  タバコもお酒もやめておいた方が無難です。


 

矢印

大腸内視鏡検査の当日、病院にて

プリンペラン

プリンペラン 検査の当日は朝、病院で受付をして大腸内視鏡検査を受けるため消化器内科へ行きますと
病院によっては看護婦さんが、腸の動きをよくする薬 プリンペラン(アステラス製薬)を2錠渡されます。
この薬は食べ物を胃から腸へスムーズに運ばれるのを助けます。
それで下剤を戻したりしないようにしておいてから検査用の下剤を2リットル飲むのです。
マグコロール、ムーベン、ニフラックなどいろんな種類がありますがマグコロールが一番飲みやすいようです。 約2時間で2リットルの下剤を飲み干すように看護婦から指示を受けます。
私の場合はニフラックを飲みましたが、ポカリやアクエリアスなどを売店で購入して 一緒に飲まないとまずくてとても飲めませんでした。
 

矢印

大腸内視鏡検査直前、ようやく下剤を飲み干す

マグコロール

看護婦さんからニフラックを2リットル渡されて10分間隔で150ccくらい飲んでください。と言われました。 「自動販売機でお茶やスポーツドリンクなどを購入した方が飲みやすいですよ。」、
と看護婦からいわれました。
スポーツドリンクで薄めながら2リットル全部飲むのがこの検査では一番辛かったです。
飲みながらだんだん便意を催します。
ズボンはできるだけすぐに脱げるようなゴム付のジャージなどが良いと思います。 パンツを汚しても良いように予備の下着を持参するのも安心だと思います。
トイレに5〜10回ほど行き、便の状態が良ければ検査開始です。
途中で何度もトイレに行くので、だんだんお尻が痛くなります。 いつものようにトイレットペーパーでゴシゴシふいていると 痛くて、排便するのがとても苦しくなりますからウォシュレットを 有効に使用しましょう。 カスが無くなり、水状になるまで出し切ります。


矢印

いよいよ大腸内視鏡検査の控え室へ

ズボン

名前を呼ばれて予備室に行くと紙でできた検査服を渡されます。 これに着替えるように言われました。お尻に穴が開いていてこんなズボンは 生まれて初めて穿きましたが、ズボンとパンツを脱いで着替えて医師の待つ検査室へ案内されます。 お尻はトイレできれいにしておきましょう。


  矢印

大腸内視鏡検査の時間は15分〜30分くらいです

横になり、医師がまず指を入れてきて触って異常がないか調べます。
そしてゼリー状のものを塗り(カメラを入れやすくするため)肛門から内視鏡カメラが挿入され、 カメラが入ってきます。途中で横になり次に仰向けになると麻酔を注射でうたれました。
意識が薄れていきますが、眠ることはありませんでした。
それと途中で医師が「炭酸ガスを入れてカメラが進みやすくします。おならが出ますが どんどんしてください。」と言われました。
内視鏡カメラが盲腸までたどり着いたら今度はゆっくり抜いていきます。
カメラが外れたら終わりですが、腸が曲がっているところが少し何か当たっている 感覚でした。
つまり、内視鏡カメラがグルーっと奥まで進んで盲腸まで行き、戻りながら撮影してきてこればおしまいです。 終わったらすぐ医師が結果を教えてくれました。 私の場合はポリープがありましたが良性なのでそのままにしましたということでした。


 

身体の異変をもっと詳しく調べたいお方へ

内視鏡検査だけよりももっと精密な検査をしておきたい。 この際、身体全身を異常の有無を確認しておきたい と思われているのなら、
  1. 健康について長寿に興味のある方
  2. 近親者や知人をがんで亡くした経験のある方
  3. 健康診断で異常が見られ再検査やより詳しい精密検査を希望している方
  4. 予防医療に関心の高い働き盛りの世代のみなさん
以下の画像をクリックしてご覧ください。

大腸内視鏡検査前の食事について

大腸内視鏡検査前の食事について看護婦さんから言われたことは以下の通りです。
  1. 大腸内視鏡検査前の食事には要注意で、硬いものはやめて、なるべく消化の良いおかゆ、うどんなどを食べること。
  2. 食事はなるべく消化の悪いもの、食物繊維はやめていただく。また夜は20時以降は 何も食べないこと。
  3. ごま、や海苔など細かくて大腸内部の「ヒダ」にたくさんくっついて 下剤が効きにくくなる。せっかく大腸がきれいになってもひだに詰まっていると 大腸検査がしにくくなる。

腸内環境を整えて、いつもスッキリ快便が大事です

 腸内の悪玉菌(腐敗菌)の繁殖をおさえる乳酸菌で
  いつもおなかの環境を整えておくことも大切です。
  しかし、ヨーグルトを食べても、効果が見られない方も 大勢いらっしゃるようです。
  乳酸菌発酵エキスは腸内の乳酸菌を増やす働きがあります。
  乳酸菌発酵エキスに含まれる短鎖脂肪酸は発がん物質をつくる悪玉菌の繁殖を
  抑えるはたらきがあります。
  短鎖脂肪酸は胃酸にも全く影響を受けず、熱にも強く腸まで届いて
  善玉菌を増加させてくれます。
  今までに、あらゆる乳酸菌を食べても効果がないという方には 短鎖脂肪酸が主成分の「善玉元気」がおすすめです。 詳しくは以下の画像をクリックしてご覧ください。
 

最新ニュース・・・・大腸カプセル内視鏡(製品名:PillCam COLON2)について

ギブン・イメージング社(ホミ・シャミール社長)は日本で大腸カプセル内視鏡 PillCamR COLON の 保険適用を 2014 年 1 月 に取得する見込みです。 これにより今まで敬遠されてきた大腸内視鏡検査が簡素化されて 大腸検査の受診率を大幅に上げることができるものと期待している。 今後はPillCam検査が進むのでしょう。11mm×31mmのサイズで毎秒35枚の画像が撮影できるという。

大腸がんの診断ー上皮内新生物の場合はがん保険の保障内容を要確認



がん保険の上皮内新生物と悪性新生物の保障の違い


大腸がん
がん保険は上皮内新生物と悪性新生物でがん保険の保障内容に 違いがあります。
特に大腸がんの初期症状の場合は、上皮内新生物の場合が多く、がん診断給付金が 減額されているので、ご注意しておかないといけません。
ひと昔のがん保険の中には上皮内新生物の場合は給付金が出ないものもあって何十年も保険料を 払い込んできたのに、自分ががんと医師に言われても保険会社に請求すると
「お客様の保険では保険金がおりません。対象外ですよ」と言われて「そんなばかなことあるか!」 と驚いたり、せっかくがん保険に入っているのにと 国民生活センターに苦情を申し立てたりするケースが非常に多いらしいのです。
上の図のように、大腸がんの場合、基底膜を超えてがんが進行している状態を 悪性新生物と診断されるわけですが、粘膜節板までは上皮内新生物と診断されるのです。
どうして保証額が違うのかというと、大腸がんの初期症状の段階では 上皮内新生物の状態で、「適切な治療を行えばほぼ100%治るがんである」と考えられているからです。 現在のがん保険の一例を紹介しておきますと
アフラックのがん保険の場合
  1. 上皮内新生物・・・がん診断給付金 10万円 入院1日10000円  手術給付金20万円
  2. 悪性新生物・・・がん診断給付金 100万円  入院1日10000円  手術給付金20万円


iPS細胞からナチュラルキラーT(NKT)細胞を作った京都大



将来のがん治療に明るいニュース

iPS細胞からがんを攻撃ナチュラルキラーT(NKT)細胞を 作るのに京都大などのグループが成功した。
これで将来のがん治療に光をともす素晴らしいニュースなのです。 なぜなら、iPS細胞は人から入手していくらでも無限に増やすことが可能なこと 。
NKT(ナチュラルキラーT細胞)の中でもある特定の糖脂質に反応を示すNKTは 他の免疫細胞にがんを攻撃するように指示する能力があり、NKT細胞自身も 直接がん細胞を破壊する働きがあるらしいです。
 白血病のがん細胞では上記の作用が確認されました。 京大の 金子新 iPS細胞研究所准教授は「安全性は今後確認するが、他の免疫細胞 との組み合わせ次第でいろいろながん治療に発展すると思う」と明るいコメントが返ってきたのです。

覚えておきたい大腸内視鏡検査の操作の違い

大腸内視鏡検査-ループ挿入法と軸保持短縮法の違い

痛みを伴うループ挿入法

大腸内視鏡カメラを肛門から挿入していきますが、従来のpush法だと S状結腸のカーブでは内視鏡カメラを押し付けながら進んでいきますので 腸を引っ張りながら次の屈折部分もさらに引っ張られるので 検査中に痛みを伴います。 ループ挿入法について詳しくはこちらから

軸保持短縮法(pull法)

患者さんの痛みを考慮して、できたのが軸保持短縮法(pull法)です。 一番技術を要するS状結腸部では、内視鏡カメラを一時戻していきます。 体位を変えたり、お腹(腸壁)を押さえて内視鏡カメラが進みやすく したりしてカーブを超えていきます。何か所もの曲がりくねった 大腸内部をこのような、熟練した内視鏡カメラ操作の技術が あってこそ検査が完了できるのです。 軸保持短縮法は痛みを伴わない検査方法なので 病院で内視鏡検査を受けるときに消化器内科などで確認されれば安心できるでしょう。

大腸内視鏡検査受診率の低い日本の実情とアンケート結果

アメリカの65%に比べて日本は30%未満の受診率

大腸内視鏡検査の受診率は男女とも30%程度です。 アメリカの65%以上と比べて、日本人は特に受診率が低いのです。
特に女性の場合は、恥ずかしいからということで、 検査を受けそびれて、手遅れで亡くなる方が多いと医師も言うそうです。
大腸がん 初期症状は自覚症状がないと言われているから、 定期的な、検診は必ず受けた方が良いでしょう。
大腸内視鏡検査を受けない理由として、 「自覚症状がないから」とか、「つらそうだから」「痛そうだから」という方が多いようですね。
また、受けたことがある人は、「つらそうだから」という方が 少ないこともわかりました。
これは医療技術が進歩して、より安全に大腸内視鏡検査が行われている証に なっていることと思います。